30代転職・無職・再就職を経験したサラリーマンの就活ノウハウ

30代で転職し、その後10日で退職。無職のまま再就職活動をしている 元サラリーマンの学んだこと、経験、有効な就活情報を発信します!

無職時のあれこれ

企業の人事担当者170人に聞いたブランクの許容範囲!

無職サラリー

ハローワークで就職活動をしていたときに知った情報です。

「前の会社を退職してから再就職するまでの失業期間(無職のブランク)はどの位までが許容範囲ですか? 」との質問に対する回答の割合を紹介します。

1日でも早く⇒8.3%
1ヶ月以内⇒6.4%
3ヶ月以内⇒25.0%
半年以内⇒16.7%
1年以内⇒7.1%
こだわらない⇒36.5%



◆3ヶ月以内が約4割を占める◆
15%は一ヶ月以内でないとNGを出してしまうという結果に。そしてブランクが3ヶ月くらいになると企業も嫌がってくるようで、割合が大きくなって全体の4割にアップします。やはり無職で仕事を探す人は早く行動を起こさないと幅は狭まってしまうと言えます。



◆半年以内で56.4%となる◆

半年以上となると全体の半分程度の企業はNGを出す計算になります。次を探しているのであれば早いに越したことはありませんね。ただ、逆に半年経っても半分は可能性があるということで決まらないから希望が全くないわけではありません。


◆こだわらないが36.5%も◆
ブランク期間にこだわらない企業が36.5%もあるのには驚きました。ですがこれはブランクに関わらず、「意欲がある」「能力がある」「資格がある」などの企業にメリットがあればということだと思っています。なので単純に「3割はブランク気にしないんだ」とは思ってはいけないと感じました。


◆まとめ◆
170人の人事担当者からの意見なので、これが正確ではないですが知っておく分にはいいかと。ブランクはいろんな要因で出来てしまうでしょうけど、短いに越したことはないです。なので無職から再就職するなら、できるだけ早く就職活動を始めるほうが良いですね。

国民年金保険の領収(納付受託)済通知書が届いた

ちょっと困ったウシ
「はぁ、困った…」

無職になったのは5月末。
住民税の納付書は6月には届いておりました。
国民健康保険に関しても区役所に切り替えにいって納付手続き済みでした。
なのですっかり存在を忘れていました。

「国民年金保険!!」

昨日郵便で到着し、中を開けると国民年金保険の「領収(納付受託)済通知書」がたくさん入ってた…。
10枚以上入ってました。なんせ今年度分全ての納付書が入ってるので。
あまりにびっくりしたので、無職になった時に色々と貰ってた書類を全て見直しました。
するとしっかりと記載されてましたよ。しかも蛍光ペンの印つきw


納付国民年金保険の

「お手元に届くまで2ヶ月程度かかります。 (p_q*)シクシク」

すっかり忘れてましたよ。8月からは再就職できるけど5月~7月の分で3か月分溜まってるし。
3ヶ月分で計48780円の思わぬ出費!忘れていると余計にダメージを受けた気分です。
やはり無職というのは金銭的にかなり辛さを感じてしまいます。お金が減る事はあっても増えない。
この恐怖は半端ないということを改めて実感しました。
初めての無職経験なので色々と勉強になりましたよ。しなくていい勉強かもですが…。

◆1ポチお願いします◆

★クリックしてもらえるとやる気が出ます(*゚∀゚)っ★
【スポンサーリンク】
無職情報はこちら
◆無職関連の情報満載◆

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック