30代転職・無職・再就職を経験したサラリーマンの就活ノウハウ

30代で転職し、その後10日で退職。無職のまま再就職活動をしている 元サラリーマンの学んだこと、経験、有効な就活情報を発信します!

書類選考で他の応募者と差を付ける

書類選考で他の応募者と差をつける方法②

入りたい会社へ履歴書や職務経歴書を送ることになりますよね。
その時に応募書類を元に人事採用担当の方が書類で選考します。
その中でも材料は複数ありますね。


そのうちの一つが

「証明写真」

です。

駅とかにある証明写真ボックスで撮ってる方が多いんじゃないでしょうか?
私もそうでした。というかその選択肢しかなかったんです。
写真は応募書類の中でも唯一の画像情報であり、重要な存在なんです!

なので必ず専門の写真屋で撮ってもらうようにしてください!
どういったメリットがあるかは下記の通りです。


【メリット】
・写真を撮る際にプロが表情のアドバイスをくれる
・ライトアップして明るい写真が撮れる
・撮った写真のデータを保存したり買取もできる
・すでに綺麗にカットしてあって、すぐに貼れる


【デメリット】
・値段が少し高め


メリットのほうが圧倒的に多いですね。
実際に私も妻に勧められて行ったのですが表情のアドバイスが良かったです!
一人で機械で取った写真と比べても明るい表情で撮れてましたね。

第一印象は見た目で決まるので証明写真は重要な役割を果たします。
人事採用担当の方も一緒に働く人を選ぶのです。当然暗い人よりは明るい人を選びますよね?
そこで落とされない為にも、好印象を持ってもらえるよう最善を尽くす必要があります。

それに万が一書類選考NGでもなぜダメだったかの本当の理由は分かりません。
その時、証明写真ボックスで撮った写真で選考NGだったら疑念が残りますよね?
一個でもNG要因を潰していけば、本当の選考NG理由の絞込みにも繋がります。

可能な限り、良い写真を貼付して応募書類の精度を上げましょう。
デメリットの解消には下記サービスを利用するとコストも抑えられます。
一回は写真屋で良い写真のデータを買い取って利用してみましょう。



◆1ポチお願いします◆
   
  にほんブログ村

書類選考で他の応募者と差をつける方法①

書類選考を通過しないと面接を受けれませんよね。
もちろん自分の経歴も大切ではありますが、他者との比較もされます。
そういった時に少しでも他と差を付けて確率を上げる必要があります。

どんな細かいことでもやっておいて損はありません。
むしろ蔑ろにして落ちてから後悔だけはしないでほしいです。
すぐに出来ることを紹介していきますので是非取り入れてください。


今回は【履歴書編】です。
履歴書の主な購入先はコンビニや文房具かと思います。

購入先はどこでも構わないですが、注意して欲しいのはサイズです!
「A4」サイズもあるの知ってましたか?「B5」サイズを使っていませんか?
私は「A4」サイズを強くオススメしたいです!


では突然ですがここで質問です。
まず下の四角を見てください。


□  □  □  □  ■  □


見る中で黒い四角に目が行きませんか?
むしろ見るなってほうが難しいかと思います。

これが履歴書でも起こり得ることです。
他と違う履歴書であれば採用担当の印象に残りやすいはずです。
なので「B5」がダメとは言いませんが「A4」のほうがメリットがあるわけですね。
そのほかにもメリットは多いです。


【メリット】
・企業の用いる書類はA4サイズで統一されている。
・A4だと記載欄が大きく書きやすいし見やすい。
・他者(B5)との違いを出せる。


【デメリット】
・購入先が限られる。



と手軽に買えないだけで、あとは良いことしかありません!
なのでもし「B5」サイズを使っている人はこれを機に変えましょう。



もちろん文房具専門店にも「A4」サイズの履歴書は売ってますよ。
近くにお店があれば見てみてはいかがでしょうか?


◆1ポチお願いします◆

★クリックしてもらえるとやる気が出ます(*゚∀゚)っ★
【スポンサーリンク】
無職情報はこちら
◆無職関連の情報満載◆

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック