google.com, pub-2263189327659458, DIRECT, f08c47fec0942fa0

30代転職・無職・再就職を経験したサラリーマンが出した結論

30代で転職し、その後10日で退職。再就職を果たしてサラリーマンであることに疑問を抱いて投資の道を進むことに!

私の体験談(転職→無職→再就職)

転職するまでの流れ⑥

<転職するまでの流れ⑤はこちら>


パソナキャリアへの転職決意を伝えた為、現職上司への報告が必要となる。
初めての転職の為、退職願の書き方も分からない(笑)
家でネットで調べたままに記載して、翌日に会社へ持っていく。

いざ出勤してまず所属長と一対一で話す場を作る必要がある。
所属長の席の近くには他の社員もいる為、口頭は困難だ。
そのため、メールで「相談したいことがあるので…」と送りました。

その後、返信があり別室へ呼び出される。
その部屋で「会社を辞めさせてください」と切り出す。
「なんで?」と理由を聞き返されて辞めたいと理由を重ねて伝えていった。
するとすんなり「わかった」との返事。

所属長も会社の状況が良くないのも理解しているから、引き止めはなかった。
転職先もすでに決まってたので、「頑張ってな」と励まされました。
でもただでさえ人数が少ない状態だったので辞めるのは心苦しかった…。

そのため、できるだけ出社はして有給は少し手前でもらうことにした。
長くお世話になった会社だし、最後まで一生懸命勤めようと思った。

そしてそこから辞めることが拡散していき、社員全員に広まっていく。
知れ渡った後は最終日に向けて引き継ぎと送別会が多くなっていくのでした…。

<転職するまでの流れ⑦へ続く>

◆1ポチお願いします◆
   
  にほんブログ村

転職するまでの流れ⑦

<転職するまでの流れ⑥はこちら>

転職することも同僚に知れ渡り、日々仕事を引き継ぎます。
そんなに抱えている仕事も多くないので半月で終了しました。

抱えるものが無くなった時は本当に気楽でしたね。
もう辞めるのが決まっているので長期的な仕事は振られません。
その日その日をこなしていくだけだったので。

そして最終出勤日が近づくにつれ色々な方にいくつも送別会を開いてもらいました。
その中でみんなから次のようなことをたくさん言われました。


「次は決まってるのか?」
「よく決断したな!」
「大変やと思うけど頑張れよ」

等々。


今思うとみんなの言葉をよく考えてなかったなーと思います…。
「転職すればこの会社の将来性の不安から開放されるや~。」
そんな軽い気持ちでしたね。転職することが目的となってました


みんなが言っていたのは30代で全く違う会社で働き出すことの大変さです。
新卒ではなく、中途採用です。即戦力を求めているのです。

しかも今までの知識はほぼリセットで一から覚えなおしになります。
人間関係も一から築いていく必要もありますね。

本当は上記のような大変さも理解した上で転職を決意しておくべきです。

ですが私は送別会の主役としてチヤホヤされて気を良くしてましたね。
当時の私は考えが甘かったと今では思います。
(書いてる今、辞めちゃってますからねw)

こんな感じで送別会をいくつか開いてもらって転職当日を迎えるのでした。

【転職までの流れ編 まとめへ】

転職までの流れ編 まとめ

<転職までの流れ⑦はこちら>


私の転職までの流れをザックリまとめます。

【1】会社の将来性に不安になり、転職を決意する。

【2】現職と並行して転職エージェントで活動をする。

【3】別の転職エージェントも利用する。

【4】内定を貰った会社に入社を決める。

【5】退職日までを送別会や自分の時間に費やす。

とまぁこんな感じです。
纏めてみると、そんなおかしな点はなさそうです。
ですが今書いていて振り返ると要所要所で後悔はあります。


まず【1】です。
将来性に不安を感じる。こういったことはあるかもしれません。
ですがどこにいっても誰も将来は分からないですよね。
なので転職の動機としては薄かったかなと思います。

「これがしたい」とか「この条件を良くしたい」などプラス動機があればよかったなと。

踏みとどまって最後まで勤め上げて、倒産しても会社都合でって考えもあります。
一つの会社で長期勤務の経歴は転職時にすごい武器になりますからね。


次に【2】です。

勤めながら並行して転職活動をすること。
これについては正解だったと思います!絶対です(笑)
無職を経験したからこそ、強く言いたい!!


「メンタルをやられます!」


無職での転職活動を体験してない人でも大変って言ったりしますよね。
けど頭で考えてる辛さ以上に体験した辛さのほうが圧倒的にキツイ!


具体的に
「無職で再就職できるのかというプレッシャー」
「収入が無く、通帳からお金が減っていくだけの怖さ」
の二つです。

なので可能な限りは並行での活動をオススメします。
体を壊すような環境であれば、辞めるのもありですけど。



次に【3】です。

別の転職エージェントも利用する。
これについても正解だったと思っています。

複数のエージェントの方に会えば相性の良い方にあたる確率も増えます。
相性が悪いと気持ちも乗らないですし、関係も悪くなりがちです。

あともう一つのメリットとして当然紹介される企業も増えます。
なので転職先が決まるまでのスピードが加速しますよね。
これらを踏まえても複数登録はオススメです。



次に【4】です。

内定を貰った会社に決める決断。
私の最大の過ちだった項目かと思います。

条件を見ると「休み」も割と多く、「給料」も上がるし良いと思いました。
職務内容も転職エージェントや面接で確認はしたんです。

その際に不安要素もある程度あったけど、他条件が良かったので決断しました。
結果、そこが原因で辞めてしまうこととなりました。

なので条件や職務内容はしっかり明確になるまで確認し、納得して決断しましょう。
あとから後悔するのは辛いですよ。



最後に【5】です。

特に送別会や自分のことに時間を使うのは悪いことではありません。
今までの仲間との交流も大切ですし、羽を伸ばすことも必要です。

ですが、時間が余っているなら次の会社の勉強とかすればより良いかと。
やっぱり転職だと中途採用で即戦力として見られることが多いですから。

実際、私は転職後に仕事内容にもあまり興味を持てなかったです。
それに内容についても躓くことが多かったと今では思います。

こういったことも事前に会社のことを勉強しておけば多少緩和されたかも。
今ではそう思えるようにもなりました。

長々と書いてしまいましたが、少しでも役立てばと思います。


転職先から無職になるまで①

転職し入社日当日。

ドキドキしながらの通勤。
この時は不安もあったけど期待もありましたね。
「これから新しい未来が待ってるぜ」みたいな…。


そして開始時刻に事務所に入室。自分の席を案内され、同じグループの方に挨拶。
その後は事務手続きやらPC設定やらで時間が流れていきました。

当然他の人は自分の仕事に追われていて、勤務中は挨拶以外では構ってももらえず…。
お昼は食堂に連れていってもらい、住まいや経歴等の話をしました。
緊張しながら受け答えに必死で、ご飯なんか食べた気がしませんでしたよw


昼以降はマニュアルを「ポンッ」と置かれて「これ読んでてください」
その日はマニュアルを読み続け、終了。

職務内容はメンテナンス業で外に出る仕事ですが初日だしなと思ってました。
そう思いつつ緊張と訳も分からないマニュアルを読んだからか、この先の不安だけが増長されました。

でもこの不安って「当然なもの」なんです。
最初からいきなり仕事を全て理解できたら、今までいた人の立場が無いです。

赤ちゃんだって立って歩くまで時間がかかります。

人間関係だってそうです。既に出来た輪に入り込んで行ってるんです。

「この人どんな人?」「怖いんじゃ?」「気が合うかな・・・」とみんな思います。
自分はもちろん、相手も思っているんです。自分だけじゃないってことです!



どこいっても必ず通る道なんです。今ならそう思えて、こういう風に書けます。

でもそういう風に考えられなかった私は悪いほうへ進んでいきます(;´Д`)


<転職先から無職になるまで②に続く>

転職先から無職になるまで②

<転職先から無職になるまで①はこちら>

転職して2日~5日目

出勤しても別途研修をしてもらえることもなく、与えられたマニュアルを読んだりしてました。

又、周りの情報に耳を傾けたり上席から不意に求められる提出物を出したりもしてましたね。


現場で作業する仕事ということで就職したけど現場へ出動する案件が無く、同行させてもらえず。

マニュアルを読んで分からない言葉はネットで調べての繰り返し。

上席からたまに現場の内容の説明をされてもちんぷんかんぷん。


素直に分からないと伝えると上席からは


「え?これも分からないの?」


って言われて凹みもしました。
この日の帰り道で大人にもなって泣いてしまったのは忘れません。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


家に帰ってあったことを話し、落ち込んでいる私を最初の方は励ましてくれて、「よし頑張ろう」と次の日出勤。

で次の日もまた帰ってきたら気持ちが落ちている状態の繰り返し。
こんな日が金曜日まで続いていき、日に日に食欲は無くなり不安から夜も寝れなくなりました。

食も細くなっていったので体重も2キロは減ってましたね…。そんな様子を毎日見ている妻。


妻は新しい環境での大変さや、転職の辛さをしっかり理解していて家事全般をサポートしてくれてました。
共働きで妻も疲れているのに…。なのに私は気持ちが落ちててベッドでウジウジしていました。

でもこの時もっと、妻へ負担を掛けていることを理解するべきだったと今では後悔しています。

そうできなかったことで後々、あんなことになるなんて…。

<転職先から無職になるまで③へ続く>

【運用成績】
【トラリピ現金残高】
2018年12月末より80万円から
トラリピ運用を開始しました。

2019年1月末 ⇒ ¥809,827
2019年2月末 ⇒ ¥818,381
2019年3月末 ⇒ ¥831,115
2019年4月末 ⇒ ¥836,704
2019年5月末 ⇒ ¥841,068


【投資信託】
2012年4月から投資開始しました
毎月4万円ボーナス16万円買付け

<2019月5月31日時点>
総投資額  5,440,000 円
資産評価  6,533,952 円
評価損益  +1,093,945 円
      ( +20.1 %)
◆関連記事はこちら◆



【IPO株】
2019年4月からIPO株への
申し込みも始めてみました

申込案件数   5件
当選回数    0回
利益      0円

投資情報はこちら
◆無職関連の情報満載◆
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
FX・サラリーマン投資家ランキング
プロフィール

リョウト

30代転職・無職を経験。
無職は精神・金銭的に辛いけど社会の本質を気付かせてくれました!
年齢:30代前半
結婚:既婚(今は妻に支えられてます)
趣味:ゲーム、旅行、グルメ

  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック