◆職務経歴書って何で必要なのか◆
求人募集企業は「応募書類」として応募者から「履歴書」の提出を求めることが一般的です。
ですが応募者が求める職務経験や能力を持っているかどうかをしっかり判断したいですよね?
なので「職務経歴書」を提出されて情報を得ようとしているのです。

フォーマットは決まっておらず、基本自由に書いて提出することができます。
ですが大体はA4用紙1~2枚程度に「職務経歴」「活かせる能力」「自己PR」を記載しますね。
あんまり枚数が多かったり、逆に内容がスカスカだと印象を悪くしてしまうので注意ですね…。


◆職務経歴書作成の効果◆
「職務経歴書」は応募企業に対して、自分の職務経歴や能力をアピールするツールです。
なので作成して提出し、相手に好印象を与えるのが目的にはなります。
ですが作成する過程でアピールの仕方を考える機会にもなるので次のような効果もあります。

①自分の長所や新しい価値に気付くことができる
職務経歴などのこれまでの経験を振り返って整理しているうちに、自分の新しい価値に気付くことがあります。
私も職務経歴書を書くために昔の記憶を掘り起こしていくと「あっこれも書けるな」とか思ったりしましたね。
「これは面接でも言えそうだな」とか色々とメリットは多かったですね^^

②自分を良く知ることで、自信が持てるようになる
これまでのエピソードを掘り返していくと、自分の長所や価値に気付いて自信が持てるようになります。

③自己PRの材料が整理でき、うまく面接にも対応できるようになる
自分の職務経歴や能力を整理するということは、話せるエピソードが整理されているということ。
なので面接での不意の質問に対しても、うまく対処できるようになるんですね。

ということで職務経歴書でのアピール自体ももちろん良いことです。
ですか書く為の下準備(経歴の洗い出し)が自信の向上や面接対策にもなるんです。
なのでそういった気持ちを持って取り組むようにしてみましょう。

最後にハローワークの方から貰った書く際のアドバイス。
「どんな細かいことでもいいから、箇条書きで書き出していきなさい」
そう言われて下のような紙を渡されました。

職歴棚卸し表
書いていると別のことを思い出したり、書き出された案件は取捨選択ができるので良かったと思いました。
みなさんも活用してみてはいかがでしょうか?

◆1ポチお願いします◆

★クリックしてもらえるとやる気が出ます(*゚∀゚)っ★

スポンサードリンク