優しい

面接の最後は必ずといっていいほど「質問はありますか?」という締り方をします。そういったときの対応もとても大切です。なぜ大切か?どうすればいいか?を私なりに説明していきますね!


◆面接最後の逆質問の意図は?◆
私の思う、面接の最後の逆質問の意図は「応募者の疑問解消」「意欲の確認」にあると思っています。「疑問解消」については企業側から一方的に聴くだけでなく、逆に疑問点は解消してスッキリした状態で来て欲しいという思いもあると思います。

次に「意欲の確認」です。本当に分からないところを聞いて欲しいという気持ちもあるでしょうが、応募する企業に対してどれだけの意欲があるかを質問内容で推し量っているように思います。なのでここで自分で調べれば分かるような質問をするようだと、「こいつ全然うちのこと調べてないな」ってことになってしまいます。


◆逆質問時のNG行動◆
まず逆質問時のNG行動は「質問しないこと」です。何もないということは興味も無いと取られかねません。ですのである程度は質問する必要があります。ですが先程も書いたように調べれば分かる内容ではいけません。ですので事前に質問することをまとめておきましょう。


◆逆質問の対処方法◆
必ず面接の中に逆質問の時間帯はあります。ですので事前に質問したいことは考えて準備しておきましょう。ここで注意しておく点を挙げます。

・質問の個数
・意欲を示す質問があるか
・調べて分かる内容ではないか
・自分の知りたい点が含まれているか



<質問の個数>
あまり少ないと薄い感じに取られて意欲があまり感じられない可能性があります。もちろん話しが広がる質問なら少なくても場がもつかもしれませんが、最低でも3つは欲しいところ。

<意欲を示す質問があるか>
自分が応募企業へ入りたい意欲を示すような質問があるか。例えば「御社の●●部署へ配属となった場合、●●ですか?」など入った後の質問など。他にも意欲が伝わればよいですが、そういった質問があるか。

<調べて分かる内容ではないか>
例えば「従業員」「資本金」「扱っている製品」などはネットに載っているので聞くまでもありません。他にも疑問点が出たらまずはネットで調べて解決しないか確認しておきましょう。

<自分の知りたい点が含まれているか>
意欲ばかり気にして、疑問点が残っては意味がありません。実際知りたい点はしっかり聞くようにしましょう。「給与」「休日」「残業」などの聞きにくいものも重要な点なので確認するようにしたほうがいいです。「私の中で重要な点なのでお伺いしたいのですが…」と付け加えて聞けば問題ありません。


◆まとめ◆
「意欲を示すこと」と「疑問点を解消すること」これをしっかりと意識して事前に質問する内容をまとめておきましょう。逆質問は必ずありますので、ここをうまく活用すれば印象をプラスにすることもできるでしょう。

スポンサードリンク