職務経歴書を作るにあたって注意しておくべきことを知っておきましょう。

書類

◆職務経歴書の目的◆
職務経歴書は企業先に提出します。その目的はやはり「実務能力のアピール」です。応募先の企業に「私は〇〇が出来ます。」と知ってもらうことが大切です。なので自分が今までの中で成果を挙げた具体例を分かり易く書くことが大事です。そうすると相手も「うちのこういった分野で活躍してくれそうだ」とプラスに働くわけです。

「具体的に」というのが特に大事です。「私は〇〇担当で頑張ってました」より「私は〇〇担当で△△の取り組みをしました」のほうが行っていた仕事の具体的なイメージがしやすいです。後は営業とかだと売上げ数値があるとより明確になります。


◆応募先企業に応じて記載する◆
職務経歴書は履歴書と同じくらい重要な書類です。これで書類選考の通過が決まるといっても過言ではないでしょう。ですので職務経歴書は使いまわしは良くないです。応募先企業によってアピールする点を変えたり、相手が知りたいと思うところをピックアップして作成しましょう。


◆履歴書の内容よりも詳しく◆
職務経歴書には書き方に決まりがありません。なので履歴書の内容と同じように志望動機や自己PRを書くのも普通になっています。ですが履歴書に書いたから…と同じものを書いたらダメです。文字数制限も無いですのでここで更に詳しくアピールしておきましょう。


◆記載の見易さ◆
何度も書いてますが職務経歴書は書き方に決まりがないので人それぞれの書類が出来ます。そこで見やすい見にくいの優劣が出たりもします。下に注意点を挙げておきます。採用担当者の立場になって、見やすく、分かりやすい職務経歴書を作成しましょう。

注意する点
・文字の種類を統一しているか
・文字の大きさで見やすくしているか
・レイアウトにも気を配っているか
・誤字脱字はないか



◆面接でのやりとりもイメージして◆
職務経歴書を送って書類選考通過したとすると、当然今回の書類を元に面接を進めることになります。そういったときに質問される内容を想像し、答えれるようにしておきましょう。うまく回答できればアピールになりますね!


◆まとめ◆
職務経歴書の作成時点から審査は始まっています。しっかり職務経歴書を作成していれば「この人はうまく資料を作成できる」「相手に情報を伝える力がある」とプラスの印象を与えることができます。そういった意識を持って作成するようにしてみてください。


◆1ポチお願いします◆

★(*゚∀゚)っ★

スポンサードリンク