リストラされて無職になる人
現状に耐え切れずに退職する人
辞めて次の職場を探す人

色々なケースで一時的であっても無職の道を選ぼうとしている人に知っておいて欲しいことや私が実際に体験して学んだことを書いていきます。ここを見た上で進んで頂ければと思います。

お金

◆金銭的な辛さを知っておく◆
私はサラリーマンで給料が入っても明細なんて手取り額しか見てませんでした。でも実際は給料から住民税とか保険関係が既に引かれてるんですよね。無職になると、その天引き分が降りかかってくるんです。これが中々の額で結構辛かった…。内訳はこんな感じ。

住民税・・・16500円(1ヶ月分)
国民健康保険・・・18500円
国民年金・・・13300円
家賃・・・50000円
食費・・・15000円
光熱費・・・15000円
携帯代・・・8000円
保険代・・・12000円

合計 148300円

一日当たり 約5000円

私の場合は1ヶ月でこの額です(´;ω;`)
家賃や食費などを奥さんと折半でもこの額です…。

赤文字部分が今まで給料から天引きされていた部分になります。人によるかもしれませんが一月で5万円弱は上乗せで払わないといけなくなりました…。社会保険は会社が一部負担してくれているので無職になると給料明細の倍近くの額をイメージしておく必要がありますね…。


◆自分が無職になった時の必要な金額を想定しておく◆
一人暮らしの人、家族がいる人、色々でしょうが軽く考えていると凄い焦りや不安を感じてしまうので無職になる前にお金はしっかり計算しておいたほうが精神衛生上、絶対に良いです。

・住民税
・国民健康保険
・国民年金
・家賃
・食費
・光熱費
・携帯代
・保険代

これ以外に毎月かかっている項目があれば書き出しましょう。そして出てきた項目の費用を実際に出して合計してみましょう。それらを足した金額が毎月減っていく金額になります。


◆失業手当の受給資格を知っておく◆
失業手当というのは会社員で働いていた時期に納めていた雇用保険によって、失業した際に一定期間の支援を受けれる手当てを言います。詳しい説明は今回は省略しますが、受給資格については知っておきましょう。

雇用保険を1年以上納めていれば受給資格はありますが、退職した理由によって受給するまでの期間が変わります。会社都合で退職したなら1ヶ月、自己都合で退職した場合は3ヶ月経過しないと受給資格がありません。これを計算した上でお金の準備をしておかないといけません。


◆最低でも毎月消費金額の3ヶ月分のお金を所持しているか◆
上記でもあったように1ヶ月か3ヶ月は耐えれる貯蓄が無いと詰んでしまいます。退職金がある会社ならばまとまったお金が入ってくるでしょうが、無ければ失業手当をもらえるまでのお金を自分で工面することになるので覚悟しておく必要があります。

無職になった時にかかるお金についてはイメージできましたか?イメージできたら次のステップへどうぞ!

無職になる前にしておくべきこと【ステップ②】

◆1ポチお願いします◆

★(*゚∀゚)っ★

スポンサードリンク