30代転職・無職・再就職を経験したサラリーマンの就活ノウハウ

30代で転職し、その後10日で退職。無職のまま再就職活動をしている 元サラリーマンの学んだこと、経験、有効な就活情報を発信します!

転職先から無職になるまで②

<転職先から無職になるまで①はこちら>

転職して2日~5日目

出勤しても別途研修をしてもらえることもなく、与えられたマニュアルを読んだりしてました。
又、周りの情報に耳を傾けたり上席から不意に求められる提出物を出したりもしてましたね。

現場で作業する仕事ということで就職したけど現場へ出動する案件が無く同行するさせてもらえず。
マニュアルを読んで分からない言葉はネットで調べての繰り返し。

上席からたまに現場の内容の説明をされてもちんぷんかんぷん。
素直に分からないと伝えると上席からは

「え?これも分からないの?」

って言われて凹みもしました。
この日の帰り道で大人にもなって泣いてしまったのは忘れません。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

家に帰ってあったことを話し、落ち込んでいる私を最初の方は励ましてくれて、「よし頑張ろう」と次の日出勤。
で次の日もまた帰ってきたら気持ちが落ちている状態の繰り返し。
こんな日が金曜日まで続いていき、日に日に食欲は無くなり不安から夜も寝れなくなりました。
食も細くなっていったので体重も2キロは減ってましたね…。そんな様子を毎日見ている妻。

妻は新しい環境での大変さや、転職の辛さをしっかり理解していて家事全般をサポートしてくれてました。
共働きで妻も疲れているのに…。なのに私は気持ちが落ちててベッドでウジウジしていました。
でもこの時もっと、妻へ負担を掛けていることを理解するべきだったと今では後悔しています。

そうできなかったことで後々、あんなことになるなんて…。

<転職先から無職になるまで③へ続く>


◆1ポチお願いします◆

★クリックしてもらえるとやる気が出ます(*゚∀゚)っ★

転職先から無職になるまで①

転職し入社日当日。

ドキドキしながらの通勤。
この時は不安もあったけど期待もありましたね。
「これから新しい未来が待ってるぜ」みたいな…。

そして開始時刻に事務所に入室。自分の席を案内され、同じグループの方に挨拶。
その後は事務手続きやらPC設定やらで時間が流れていきました。

当然他の人は自分の仕事に追われていて、勤務中は挨拶以外では構ってももらえず…。
お昼は食堂に連れていってもらい、住まいや経歴等の話をしました。
緊張しながら受け答えに必死で、ご飯なんか食べた気がしませんでしたよw

昼以降はマニュアルを「ポンッ」と置かれて「これ読んでてください」
その日はマニュアルを読み続け、終了。
職務内容はメンテナンス業で外に出る仕事ですが初日だしなと思ってました。
そう思いつつ緊張と訳も分からないマニュアルを読んだからか、この先の不安だけが増長されました。

でもこの不安って「当然なもの」なんです。
最初からいきなり仕事を全て理解できたら、今までいた人の立場が無いです。
赤ちゃんだって立って歩くまで時間がかかります。
人間関係だってそうです。既に出来た輪に入り込んで行ってるんです。
「この人どんな人?」「怖いんじゃ?」「気が合うかな・・・」とみんな思います。
自分はもちろん、相手も思っているんです。自分だけじゃないってことです!


どこいっても必ず通る道なんです。今ならそう思えて、こういう風に書けます。
でもそういう風に考えられなかった私は悪いほうへ進んでいきます(;´Д`)

<転職先から無職になるまで②に続く>


◆1ポチお願いします◆

★クリックしてもらえるとやる気が出ます(*゚∀゚)っ★

書類選考で他の応募者と差をつける方法②

入りたい会社へ履歴書や職務経歴書を送ることになりますよね。
その時に応募書類を元に人事採用担当の方が書類で選考します。
その中でも材料は複数ありますね。


そのうちの一つが

「証明写真」

です。

駅とかにある証明写真ボックスで撮ってる方が多いんじゃないでしょうか?
私もそうでした。というかその選択肢しかなかったんです。
写真は応募書類の中でも唯一の画像情報であり、重要な存在なんです!

なので必ず専門の写真屋で撮ってもらうようにしてください!
どういったメリットがあるかは下記の通りです。


【メリット】
・写真を撮る際にプロが表情のアドバイスをくれる
・ライトアップして明るい写真が撮れる
・撮った写真のデータを保存したり買取もできる
・すでに綺麗にカットしてあって、すぐに貼れる


【デメリット】
・値段が少し高め


メリットのほうが圧倒的に多いですね。
実際に私も妻に勧められて行ったのですが表情のアドバイスが良かったです!
一人で機械で取った写真と比べても明るい表情で撮れてましたね。

第一印象は見た目で決まるので証明写真は重要な役割を果たします。
人事採用担当の方も一緒に働く人を選ぶのです。当然暗い人よりは明るい人を選びますよね?
そこで落とされない為にも、好印象を持ってもらえるよう最善を尽くす必要があります。

それに万が一書類選考NGでもなぜダメだったかの本当の理由は分かりません。
その時、証明写真ボックスで撮った写真で選考NGだったら疑念が残りますよね?
一個でもNG要因を潰していけば、本当の選考NG理由の絞込みにも繋がります。

可能な限り、良い写真を貼付して応募書類の精度を上げましょう。
デメリットの解消には下記サービスを利用するとコストも抑えられます。
一回は写真屋で良い写真のデータを買い取って利用してみましょう。



◆1ポチお願いします◆
   
  にほんブログ村
【スポンサーリンク】
無職情報はこちら
◆無職関連の情報満載◆

プロフィール

リョウト

30代で転職・無職を経験。
無職は精神・金銭的に辛いけど将来への試練や次へのステップと思っています!
年齢:30代前半
結婚:既婚(今は妻に支えられてます)
趣味:ゲーム、旅行、グルメ
夢:金銭的に余裕な状態で妻とゆっくり暮らす

■まずは再就職!■

  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック