30代転職・無職・再就職を経験したサラリーマンの就活ノウハウ

30代で転職し、その後10日で退職。無職のまま再就職活動をしている 元サラリーマンの学んだこと、経験、有効な就活情報を発信します!

求人の未経験者歓迎は要注意!

求人票に書いてある未経験者歓迎という文言には気をつけないといけない。

なぜなら人材が不足しているから人を集めるために書いている可能性があるためである。

僕が書いた会社も未経験者歓迎と書いてありましたが、苦労することも多々あります。


それを書いていきます!



①未経験者として扱われるか分からない
年齢が高めだと特にあるような気がします。
未経験を年齢と経験でカバーしろ!みたいなこともあるかもしれませんよ?


②経験者が入らないわけではない
未経験者歓迎だから次々と入ってくるのが未経験者とは限りません。後のことも考えてみましょう。

入った数ヵ月後に、バリバリの経験者が入ってくるとサクッと抜かれるかもしれません。
仕方ないにしても抜かれると肩身が狭い思いをするかもしれません。


③歓迎しておきながら教育制度がない
これがかなり厄介です。
これ喰らってます(笑)
人が少な過ぎて人間的に大きな問題がなければドンドン入れてしまおうという会社。


これらの内容が降りかかるかもしれませんよ?

未経験者歓迎という言葉だけに踊らされず、入れた後のことも考えておきましょう。

後悔しないために!

新入社員は第一印象が大事!

4月に入って新入社員がゾロゾロと入社してきてますね。

学生から社会人デビューする人や、転職で4月から入社する人もいます。



そのどちらも新入社員であるわけですが新入社員にとって超重要事項があります。

それは

「第一印象!」

ここだけはしっかり押さえておきたいポイント!


理由はこちら!


①第一印象は簡単に覆せない
第一印象って一回定着すると、それを変えるには相当な努力が必要になります。それでも相手が思いを変えてくれるかなんてわかりません。

なので最初の印象は良く思ってもらうに越したことはありません。



②第一印象で補正がかかる
真面目な印象を持たれていれば、今後多少サボったりしても「こいつは真面目だからサボってるはずがない」と補正がかかります。

逆にルーズなイメージを持たれていると悪い補正がかかります。「こいつはルーズだからなぁ‥。」みたいに。

得するのはどっちでしょう。
僕なら真面目な方が得なんでそっちを目指しますね。

簡単に覆せない第一印象なら、最初は良い印象を与えておきたいですね!



これからの長い社会人生活。
最初が肝心です。やれることはやっておきましょう!

入社後一週間で会社を辞めた僕の考え!

4月になって新入社員がぞろぞろと入ってくる時期ですね。


そして会社に入りたてのこの時期こそ危険な時期とも言えます。


何せ僕は

「一週間で会社を辞めましたから!(笑)」


今は(笑)なんて入れて語ってますけど、当初の僕のメンタルは相当やばかったです。死んでもおかしくなかったくらいでしたね。


そんなメンタルになったのも

「世間の目に対する恐れ」
「プライド」
「他と比較しての劣等感」

これらが大きかったですね。
周りからも自分でも「一週間で辞めたんだ」という実績(悪いレッテル)が付きまとうわけです。



でも一番大切なのは自分です!
なので入った会社がどうしても合わないとか、体を壊しそうだと感じたらやめても良いも思うんです。



今や終身雇用なんて存在しない。
転職なんて珍しくないです。


次の面接で一週間で辞めたこと突っ込まれる?そんなの正直に誠意を持って話せば良いんです。
それが伝わらないなら、またあなたに合わない会社なんだと割りきりましょう!

会社なんて無数にあります。
固執する必要はないです。
自分で人生を進めていきましょう!


これが僕が一週間で辞めて苦しんだ結果、得られた考えです。
【スポンサーリンク】
無職情報はこちら
◆無職関連の情報満載◆

プロフィール

リョウト

30代で転職・無職を経験。
無職は精神・金銭的に辛いけど将来への試練や次へのステップと思っています!
年齢:30代前半
結婚:既婚(今は妻に支えられてます)
趣味:ゲーム、旅行、グルメ
夢:金銭的に余裕な状態で妻とゆっくり暮らす

■まずは再就職!■

  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック